2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島8-1DeNA

DeNA打線もノーヒットノーランの後遺症が残っていたに違いない。逆球が多く、ボールが高めの前田健を打ちあぐね、完全なボールコースを空振りするシーンが目立った。けっして、前田健が良かったのではなく、DeNA打線が悪過ぎた。

広島打線では初回がすべて。一死で梵が出塁。三番・丸との間で、ヒットエンドラン。四番・栗原の犠牲フライの後、丸が二塁へ盗塁。五番・ニックのタイムリー。このような作戦を久々に見た気がする。それほど、広島打線に欠如していた攻撃パターン。『なぜ今頃やっと?』と感じたファンも多かったに違いない。やや遅過ぎる感があるが、今後も継続して続けるべきである。

ところで、この試合気になったのは、八回97球で前田健を降板させたこと。次回、登板を考えてのことかもしれないが、前田健に完封を狙わせるのがベスト。二番手に岸本が登板したが、荒れ気味の投球で一失点。たかが一点だが、DeNAを勢いづかせてしまった。









解説の北別府氏も「八回で交代させた理由がわかりません」と怪訝そうな語り口だったが、専門家にしても同様に感じたようだ。くれぐれも前田健の体調不良が原因であってはならない。不可解采配といえば、六回裏、一死三塁、一塁で、栗原の打席で、ダブルスチール。三塁走者の梵は本塁憤死だったが、そもそも栗原の打席で、丸の盗塁だけなら分かるが、重盗の必要があったのだろうか?結局、栗原は見逃し三振。そして七回表から栗原に代わり、ファースト・松山。これはどうみても空振りした栗原に対する懲罰の意味があったに違いない。

前田健と栗原。同じ交代ということだったが、両方とも不可解采配。片方は温存。もう一方は懲罰と、野村謙二郎監督も選手を全面的に信頼しているのか?そうではないのか?よくわからない。
[PR]
by takaitoko | 2012-04-18 21:45 | 広島東洋カープ