2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島3-0DeNA

この試合は先発の大竹が創ったといえる。前回登板で阪神・藤井捕手に顔面直撃の死球で危険球退場。右打者に対する重圧は相当のものだったろう。それでも、ここぞという時に右打者の内角にシュートを厳しく投げたのは成長の跡を感じた。初回、ニックの拙い守備で一死三塁を無失点に抑えたのが最大のポイントだった。

打線はニックのタイムリー、梵、廣瀬のソロホームランで三点取ったが、貧打解消とまではいかない。しかし、初回の東出のようにファウルで粘る選手が目立ったのは良い兆候。ただ、東出もヒットが出たものの右肩が上がる癖が出て、フライを打ち上げていては打率も上がらない。








ところで、この試合。攻撃の時は野村謙二郎監督のそばに高コーチ。守備の時は植田コーチが野村謙二郎監督のそばに居た。高コーチは見慣れた光景だったが、植田コーチのケースは直接、野村謙二郎監督の意志を植田コーチに伝えているものと推測する。

ある意味、野村謙二郎監督はコーチ陣に信頼が無いのだろう。また、今年が野村謙二郎監督にとっては勝負の年、最低でもCS入りを目指すための必死さも感じる。だが、無死一塁で、お決まりの送りバントやセットアッパー、クローザーを外国人投手で占めている現状を変えなければCS入りどころか、優勝はありえない。
[PR]
by takaitoko | 2012-04-17 22:11 | 広島東洋カープ