2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>打順梃入れ

かつて打撃不振だった衣笠を「二番」に抜擢した時期があった。ベンチの狙いは「引っ張りではなく、右方向へ流す」ことだったと今思う。打順には、それぞれ役割があり、例えば「七番・堂林」だからこそ、気楽に打てているが「四番・堂林」にしてしまうと目に見えない重圧を感じるに違いない。ただ極度の貧打&得点機に打てない現状では「打順の梃入れ」も必要だ。そこで、堂林を一番に起用する打順を考えてみた。

1)サード   堂林
2)セカンド  東出
3)ファースト 栗原
4)ライト   松山
5)レフト   ニック
6)センター  丸
7)ショート  梵
8)キャッチャー會澤翼

一番・堂林。現時点では堂林は出塁率が高く、思い切りの良い打撃は他の選手に影響を与えているに違いない。栗原は三番。そもそも栗原は四番としての期待が大きいが、本来はホームランバッターではなく、中距離ヒッターではないかと思う。栗原のパワーがあればミート中心の打撃でもヒットの延長がホームランの可能性も。四番の松山は左投手に難があるものの、つなぎの四番として徹する。引っ張りだけでなく、逆方向にも流せるスキルがあり、何よりも一塁ベースへ、ヘッドスライングする四番は希少価値がある。




[PR]
by takaitoko | 2012-04-16 21:42 | 広島東洋カープ