2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>カープの貧打は解消できない

今日の広島vs阪神戦、20:00あたりからテレビ観戦も急に睡魔が襲い、そのままダウン。辛うじてラジオを聴いていた。結果は10回引き分け。前田健に負けはつかなかったが、あまりにも投手を見ごろしにする打線も深刻そのもの。ヒンダという表現よりもチャンスに弱いノミの心臓ともいえる。

RCC中国放送の横山雄二アナが「現状のカープは単に打つだけではだめ。阪神の鳥谷のように際どいコースはファウルで粘り、好きなコースを打つとか四球を選ぶ必要がある」と語っていた。果たして、今の鯉打線で粘れる選手が何人いるだろう。東出、梵にあっては追い込まれるのが嫌なのか、早打ちが目立つ。勿論、早打ちが悪いとは言わないが、試合開始から簡単に打ってくれるのは相手投手には楽そのものに違いない。








横山雄二アナの指摘と同時に、盗塁、エンドランを絡めた野球もできていない。ここまで盗塁は梵の三つのみ。東出にあっては、出塁するも盗塁の気配すら感じない。盗塁失敗を恐れているのか心中は不明だが、足の速い選手が出塁するだけで、バッテリーを含め、内野、外野すべてが緊張し、投手は盗塁させまいとし、ストレートが多くなり打者有利となる。

野村謙二郎監督もヒンダを嘆き「てこ入れが必要」と語ったが、てこ入れが必要なのは選手以上に監督の采配にある。単に打者に打撃を任せず、時には「打てのサイン」「盗塁しろのサイン」も必要だろう。選手が変わる以上に野村謙二郎監督が変わらなければ何も変わらない。

無死で一塁走者で送りバント、一死二塁からの野球ではヒンダは消え去ることはない。積極的な攻撃が今の鯉打線には必要だ。

それにしても相変わらずニックの出場なし。これで五試合(6日)になるが、首の症状が気になるところ。十回裏、二死満塁でも代打・ニックが無かったのは深刻なのだろう。ただ、繰り返しになるが、ニックの状態が悪いのなら何故、ファームのバーデンと入れ替えないのか?こちらも大いに不可解であり、わざわざ、貧打の打線を目指しているとしか思えない。
[PR]
by takaitoko | 2012-04-12 23:23 | 広島東洋カープ