2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島1-4阪神

阪神の得点は何れも、鳥谷に四球そして新井貴に本塁打。福井も早稲田大学の先輩に頭が上がらないわけではなさそうだが、同じような失点が悔やまれる。球威のあるストレート、キレのあるフォーク、縦スライダー、カーブと持ち球はあるが、肝心の制球が悪くては勝利は遠い。特に、三回表の新井貴のホームランの場面、NHKのテレビは、倉の悔しそうな表情と対照的に無表情の福井が印象的だった。

打線は13イニング目に得点したが、依然、貧打。いつもながら飛球を上げる東出は深刻で、強いゴロを意識しないと打率を含め、出塁率は上がらないだろう。また、ベンチに居るだけのニックの起用も気になる。スタメンに起用しないのなら代打か?と思っていたが、それも無し。余程、首の状態が悪いのだろう。ならば何故、ファームのバーデンを上げ、ニックを休養させないのか?これは、堂林と守備(三塁手)が被ってしまうからに相違ない。








ブラゼルは挑発行為により退場したが、ブラゼルの気持ちもわからなくもない。前日の藤井の件もあり、シビアになっていたのだろう。ただ、福井の投球はベルト付近であり、頭部を狙ったものではなかった。

ともあれ、カープ打線には打順を「一番・梵、二番・東出」に変更したい。九番に左の代打が出てきた時に、東出まで登板するのを防ぐ意味もあり、梵の性格的に一番がシックリくる。また、NHK野球解説者の広瀬氏が何度も指摘していたように「エンドランや盗塁など、相手守備にプレッシャーを与える攻撃」を行なうこと。これは例年の課題であるが、足でかき回さない限り、貧打を補うことはできない。
[PR]
by takaitoko | 2012-04-11 22:06 | 広島東洋カープ