2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>野村祐輔投手

2012年4月1日のナゴヤドーム、プロ入り初先発の野村祐輔投手、6イニングを投げ、93球、打者23人に被安打4、奪三振4、四死球2、自責点1と上々の出来のデビューとなった。

球種はナチュラルにシュート気味のストレート(ツーシーム?)以外に、スローカーブ(ドロップ)、カーブ、縦スラ、チェンジアップを確認した。ナゴヤドームのスピードガンでは驚くような球速ではなく、最高145km/hくらいだったが、制球の良さは抜群。ストレートでも縦スラでもチェンジアップでもストライクが取れるのが良い。

この試合の四回裏、山崎にタイムリーを打たれたが、ストレートが外角高めにいったもので、いわゆる、山崎の無理に引っ張らない巧さにやられた。五回裏、二死から荒木にヒットを打たれたが、大島の投手ゴロの際、一塁が間に合わないと見ると、野村祐輔迷わず三塁へ送球し、荒木をタッチアウト。投球以上に、この冷静さには驚愕する。

残念ながらプロ入り初勝利とはならなかったが、この投球内容が続けば、二桁勝利は間違いない。但し、カープ打線が奮起してくれるのが条件だが。
[PR]
by takaitoko | 2012-04-02 05:35 | 広島東洋カープ