2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>中日2-2広島 ※10回延長引き分け

スコアを見れば負け試合を追いついた感があるが、実際は負けに等しい。一番にライト・會澤翼起用も二打席目に二塁打放つもあとが続かない。梵、栗原と感じは悪くないが、バットがアッパー気味に出てフライばかり。実に飛球が14個。これではヒットも生まれるはずも無く、前日同様、投手の足元を狙うセンター返しの気持ちが見えない。四番手の浅尾の制球ミスもあり、同点になったが、七回表、代打・前田智に代打の代打・小窪は不可解。小林正に代わり、打ちにくい点もあるが、何とかしてくれるのが前田智だろう。そこに代打は野村謙二郎監督の信頼が低いことを証明した。

それにしても予想通り、野村祐輔は良かった。五回以降、疲れが見え、山崎に技のバッティングをされ失点したが、それでも制球抜群。度胸もよく、冷静な判断が光った。心配だった今村も球速が出て上昇気味と思われる。サファテも去年の球威があり心配はないが、ミコライオは力が入り過ぎると制球が悪くなる傾向がある模様。左打者の大島相手に一球もストライクが入らなかった大島は論外。








三戦目は破天荒なスタメンだったが、今後も予想外のオーダーが続くのだろうか?個人的には「一番・梵、二番・東出、三番・松山、四番・栗原、五番・ニック」としたほうがシックリくると思うのだが。とまれ、課題は貧打の打線。貧打というより決定打不足。特に、フライをあげる選手が目立つ。もう一度、原点に戻り、強い打球をセンターに向けて打つことを心がけることが求められる。特に、東出は大きく修正すべき。ポテンヒットから出塁率アップは生まれない。
[PR]
by takaitoko | 2012-04-01 18:17 | 広島東洋カープ