2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島 2-4 ソフトバンク(オープン戦最終)

先発のバリントンは6回1/3(7回不可解途中交代)を投げ、被本塁打を含み2失点は、まぁまぁ。課題は簡単にストライクを取りに行く、去年までのパターンを慎重に考えるべきだろう。二番手の中崎は高めにコースが行っていたが可もなく不可もなく、三番手の今村はストレート中心の投球で、ストレートの球威を確認しにいったか?バッテリーの目的意識がわからないまま松田に2ランは疑問が残り、オープン戦とはいえ、変化球を交え、無失点を狙うべきだった。

打線に関しては、東出のポテンヒットを狙う打撃(アッパー気味打撃)は疑問。梵はらしさが出た。松山は去年の天谷の二の舞ではない模様。栗原も会心のヒットは出なかったが雰囲気は悪くない。ニックは外角の変化球の見極めが課題だが見逃しではなく、スイングした点は良し。石原は3タコで相変わらず打撃不振。打撃に期待するより守備で貢献すべきであろう。

五回裏、東出がヒット出塁。『今年のノムケン野球はどうかな?』と注目したが梵にセーフティ気味のバント。今年も点が欲しい時は、果敢な走塁(エンドラン、盗塁)ではなく、送りバントが増えそうだ。打順に関しては「東出、梵、松山、栗原、ニック」が不動となるだろうが、個人的には四番・松山とし、栗原は三番、五番・ニック。一番に梵とすると、二番に東出以下、ジグザグ打順も組める。

とまれ、今年も投手陣が最少失点に抑え、少ないチャンスをものにし、僅差で勝つ野球しかできないと思う。
[PR]
by takaitoko | 2012-03-25 17:11 | 広島東洋カープ