2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

オープン戦>中日3-2広島

JSPORTS2無料放送に伴い試合開始から終了までテレビ観戦。打線では相変わらず、松山が積極的な打撃が目立ち、甘いコースを確実に捉え、二安打と開幕一軍をアピール。岩本もタイムリーを打ったが本調子には遠い。木村とバーデンも巧打を見せたが、他の選手はサッパリ。この時期にシーズン並の力を見せる中日投手陣に完全に抑え込まれた。

投手では篠田がまぁまぁ。ストレートは高めに浮き、変化球の制球も良くない。もっとストレートの球速を上げ、制球の向上が望まれる。初めて見た中崎は、所謂、技巧派。報道では高評価だったが、ストレートのキレ、球速もなく、変化球も普通。丁寧にコーナーを突き、打たせて取るピッチングのような気がした。三番手の大島も相変わらず制球が悪い。打者四人に四球一個だったが、僅差の場面では起用できないレベル。最後をしめた今村は相手打者のレベルを考えると普通の出来で、良くも悪くもなく、制球は良。

酷かったというか成長の跡が見れなかったのは永川勝。ストレートに球速・球威ともになく、低めのフォークボールを大島の巧打もあったが簡単に打たれ、何よりもコントロールが永川劇場の原因そのもの。選手層の薄さゆえ、一軍に帯同しているが、正直、現状は一軍のレベルにない。






(追記)
それにしても中日投手陣の仕上がりの良さに関心する。先発の川上以降、六人の投手が登板したが、四球は雄太の一個のみ。全体的に制球は打者のベルトから下。けっして、ボールが高めに浮くことは無い。ルーキーの田島は被安打2、自責点2だったが、いずれも打たれたのはストレート。仮に変化球でかわしていれば打たれないレベルであり、谷繁がストレートを試した感もある。

サウスポーの小林正、サイドスローの鈴木と打ちにくそうな投球フォーム。小林は投球フォームの修正に時間がかかったとのことだが、何の癖もなく普通のフォームで投げる広島・大島とは大違い。中日投手陣は「如何に打者に打たれにくくするか」という意思が明確だが、広島投手陣には、その意識が感じられない。
[PR]
by takaitoko | 2012-03-03 17:38 | 広島東洋カープ