2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

オープン戦>中日3-1広島

松山のタイムリーによる一点のみでまさに散発四安打。オープン戦とはいえ、相変わらず「貧打」。対して、中日・和田の三塁打はライト・松山の拙守によるもの。センターに廣瀬をまわし、レフト・會澤、ライト・松山は攻撃優先の守備シフト。ただ、この試合のように打てなければ何の意味もない。

カープらしい野球は、投手力、守備力を中心にした野球。オープン戦ゆえに野村謙二郎監督は試しているのだろうが、打撃優先の守備シフトでは勝ち試合も減るのは必至。少ない機会を得点し、最少得点を守るのが生きる道に違いない。

試合後、野村謙二郎監督は「チャンスでニックがいれば」と語ったという。そもそも実績のない選手に期待をするというのは不可解で、野村監督には現実を直視し、問題を片付けていくことが最良の方法である。
[PR]
by takaitoko | 2012-03-02 22:33 | 広島東洋カープ