2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

オープン戦>ソフトバンク 2-3 広島

広島テレビで13:00から15:00まで放送。制作は福岡放送だったが、解説に若菜氏と池谷氏。ソフトバンク寄りの若菜氏の解説が気になったが、今季初のテレビ野球観戦。

先発の福井はボールが高さが気になったが、威力もあり、ピンチでも冷静に抑えた。この投球内容であれば10勝も期待できる。

二番手は永川勝。本人も「勝負の年」と語っていたが、投球フォームはギッコンバッタンの独特のスタイル。ストレートは高めに浮きボールに。フォークボールは低めのボールと去年までと同じ。結果的に自責点ゼロで勝利投手になったが、ストレートの球速もなく、高めのストレートを簡単にヒットされるのは球威もないのだろう。残念ながら現状では、勝ちゲームのリリーフとしては登板できない。

三番手の岸本は去年までの必死の形相が消え、ある意味、去年の成績が自信につながったのだろう、安心して見れる投球内容。







打撃陣では會澤の振りが良い。ヒットはでなかったが、三塁ライナーや三塁ゴロは強い当たりで、こちらも自信を持っているように感じた。松山も去年の成果が出てきた。生き残りをかけた末永も勝負強さを見せ、一軍候補に生き残り。

五回表、ソフトバンクの千賀を攻めて三点取ったが、一死から走者の小窪が二塁から三塁を欲張り、暴走死。こんなシーンは去年もよく見られた。次の塁を狙う姿勢は良いが、一死という状況を考えると、果たして無理な走塁が妥当だったのか?不満の残る内容だった。
[PR]
by takaitoko | 2012-02-26 17:02 | 広島東洋カープ