2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

WGP決勝・最終戦>中国相手にストレート負け



世界ランク1位であり、アテネ五輪金メダルの中国に、世界ランク7位の日本が負けた・・・といえばそれまでだが、1セット20得点以上取った国は、そう多くない。個々の選手のスキルは、大差無いのではないかと思う。今日の試合内容も、けっして見劣りするものではなく、敗因は、ちょっとした力の差やミスの多さであった。

(第1セット)23-25(第2セット)22-25(第3セット)23-25

※高橋みゆきが、ベストスコアラーを受賞。

--------------------------------
決勝ラウンド順位
--------------------------------
1位 ブラジル(BRA) 4勝1敗
2位 イタリア(ITA) 3勝2敗
3位 中  国(CHN) 3勝2敗
4位 キューバ(CUB) 3勝2敗
5位 日  本(JPN) 1勝4敗
6位 オランダ(NED) 1勝4敗 ※Netherlands
--------------------------------
決勝ラウンド 試合結果 ※()内は得点
--------------------------------
7月18日(月)仙台   日本 0( 68)- 3( 75) 中国
7月17日(日)仙台   日本 2(111)- 3(111) ドミニカ

7月16日(土)仙台   日本 1( 89)- 3(100) ブラジル
7月14日(木)仙台   日本 3(100)- 1( 93) オランダ
7月13日(水)仙台   日本 0( 47)- 3( 75) イタリア
--------------------------------
 アテネ五輪の時は、正直、いっぱいいっぱいという雰囲気だったが、今回は、メンバーが代わったとはいえ、強いチームに変貌した。全試合に出場した高橋みゆきは、左膝を故障していたのだが、相手に弱みを見せないため、サポーターをせず、痛みをこらえていたという。それでも、出続けたのは、自分がいなくなると、レフトが不在になってしまうという責任感からであった。
[PR]
by takaitoko | 2005-07-18 21:00 | 女子バレーボール