2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

WGP予選>ポーランドにストレート負け



やはり、勝負事というのは簡単には行かない。日本ラウンドでは、ポーランドにストレート勝ちしたが、試合後、ポーランドは日本のビデオを何回も見て研究したとのことで、日本の攻撃のパターンを読まれていたようだ。

(第1セット)22-25 (第2セット)23-25 (第3セット)22-25

尚、キューバが仙台で行われる決勝ラウンド進出を決めた。

FIVB World Grand Prix 2005

2003年のヨーロッパ王者は伊達ではない。スコブロニスカが、すこぶるよかった。日本も。第2セットから菅山に代えて、吉澤を投入したが、日本を研究し尽くした、ポーランドのレシーブが安定し、高さのあるスパイク攻撃につながった。日本は、ポーランドのブロックの跳ね返りのフォローが不足した。やはり、日本の課題は、高さとパワーの相手に対して、如何に戦うのかということに尽きる。

柳本監督は「タイラウンド三連勝」を目標に掲げていたが、9日のアメリカ戦が厳しい戦いになりそうだ。
[PR]
by takaitoko | 2005-07-08 22:50 | 女子バレーボール