2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

中5―3広(6日) 中日5連勝で首位浮上

野球 - エキサイトニュース
野球解説・鈴木孝政氏の「投手は恐怖心があると腕が振れないものです」は自身、中日の抑えのエースとして活躍した蓋し名言。突如、乱調になった福井に関しても「ちょっとした点を直せばよい」とのこと。





確かに、今季の福井。調子の良い時は良いが、四球を連発し崩れるパターンが多い。なのに同じことを繰り返すのは福井本人の努力もあるだろうが、監督、投手コーチの指導に問題があるのでは?

投手は「腕を振れ」と言われる。野球中継でも捕手が投手に対し『腕を振れ』というジェスチャーをするのをよく見かける。しかし投手本人は何故腕が振れないのか?という心理状態まで自覚しているのだろうか?打者にしても「チャンスには気合を入れて」とされるが何故凡退してしまうのか、技術的、精神的問題を果たして自覚しているのだろうかと思う。

現場の選手はコーチは監督は必死なのだろう。しかしそれは空回りするロスの多い必死さではないだろうか。毎年、同じコーチの指導のもとでは限界がある。すべてのコーチとは言わないが【新しい血】を入れなければカープの未来はない。
[PR]
by takaitoko | 2011-10-06 22:23 | 広島東洋カープ