2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>積極性と暴走の狭間・天谷宗一郎

先日の天谷の走塁。自らヒットを打ち、外野手がもたつく間に二塁へ。しかし続く前田健の投手ゴロで二塁から飛び出し、タッチアウト。ベンチに戻り、赤松は中東から注意を受けて様子がNHKの野球中継で映されていたが、上司からすると、これほど恐く、同時に頼もしい存在はいないだろう。

ただ、外野手がもたつく間の二塁への走塁もタッチアウトすれすれだった。常識的に考えても、ボールを持っている野手の方向へ走塁することはまずあり得ない。カープらしく「隙を付いた」といえば聞こえは良いが、まさにギャンブル走塁。投手ゴロ、タッチアウトも、ボールの行方をしっかり、確認してからでも遅くないプレーだった。

天谷に関しては果敢な守備と絶賛されることが多いが、個人的には積極性という名を借りた暴走プレーだと思ってきた。しかし、その危険性を持つ天谷を活かすもころすも監督次第。天谷がレギュラーを獲得した時、初めて、天谷宗一郎という男はプロ野球選手として認められるに違いない。


[PR]
by takaitoko | 2011-09-05 05:28 | 広島東洋カープ