2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

野村謙二郎監督通算100勝

石井琢朗選手のブログによると野村謙二郎監督が先日の勝利で100勝をあげたという。個人的には野球解説時代の的確さ、判りやすさに魅了され、早々の監督を願っていた。しかし監督一年目は怪我人、続出ということもあったが、不可解采配が目に付き『良い選手、良い監督にあらず』かと思った。しかし、今年は去年よりも戦力が充実し、現在、二位から五位のなかでダンゴレース中。

なぜ、こうも変わったのか?いうまでもなく、コーチの体制を変えたのが最大の要因なのは間違いない。監督就任一年目は、野村謙二郎監督と大野ヘッドコーチ兼投手コーチという新体制だったが、チーム事情が判らない二人がトップに座って戦力が整うはずもなかった。今季は、大野投手チーフコーチに専念し、野村謙二郎監督の参謀は高コーチとなった。つまり、選手とのパイプ役が確立し、選手の起用法も当たるようになったのだ。




いまだ好調選手を連続して起用しない点や、利き腕重視、ジグザグ打線重視は如何なものかと思うが、利き腕重視の打線はベンチにいる選手に出場機会を多く与え、そこから成長する選手も出てきて、ある意味、成功だともいえる。

残り、52試合。選手層の薄い野村カープは、個々の選手に負担を与えのは間違いない。守護神のサファテやセットアッパーの今村が崩れた時、代わりになる選手は今のところ見当たらない。また、前田健、バリントン以外の先発投手に不安があり、投手王国とも言いがたい。今後は、個々の選手の調子を見ながら、ファームの選手と入れ替える視野を持つ判断力が求められる。
[PR]
by takaitoko | 2011-08-19 05:08 | 広島東洋カープ