2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島 6-11 巨人

野球 - エキサイトニュース
果たしてこれが現在五連勝で二位のチームの試合内容か?特に酷かったのは守備。廣瀬が万全ではないため(そもそも前倒しで横浜戦から起用する必要があったのか?)ライトは松山。ライトゴロにするためファーストに送球するも栗原のミットから大きく逸れたり、もう少し反応良ければライトフライにもできた機会があった。ショートの木村も梵の代役を勤めているが、完全に穴を埋めているとは言いがたい。特に、球際の処理は梵が一枚上で、先日の中日戦での中田のショートゴロを弾き、同点となったシーンも記憶に新しい。

先発の篠田も高橋に同点3ランは打たれたが投球内容は制球良く、及第点。特に、右打者のカットボールやフォークボールは効果的だった。打線も先発の巨人・澤村の立ち上がりの悪さを攻めたが、いかんせん4失策では試合の流れも悪くなり、後の祭り。

勝利の女神は、野球を正しく実行したチームに微笑むという見本のような試合で「五連勝、二位」がチームの実力ではなく、全くのフロック(fluke)だということを証明した試合でもあった。
[PR]
by takaitoko | 2011-08-05 23:17 | 広島東洋カープ