2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

「ディープピープル」バレーボール・セッター

「ディープピープル」
http://www.nhk.or.jp/deeppeople/

それぞれの時代を担った、竹下佳江、中田久美、眞鍋政義のセッター三人が揃うというので興味深く見させてもらった。同じセッターでも川合俊一に言わせると。竹下はママチャリ、中田はロードレーサー、眞鍋はサイクリングカーという。サイクリングカーという表現が何を指すのか不明だが、竹下のトスは素人でもスパイクできるもの。中田はプロでないと打てない。眞鍋は二人の中間だという。

三人の話のなかで興味深かったのは、トス100回したあとに、腕立て伏せをし、両腕が疲れ果て、力が全然入らない時に上げたトスが理想という。つまり、肩に力の入らないトス。これはバレーボールに限らず、あらゆるスポーツに通じることで、力んでしまっては自分の力を完全に発揮できない。

最後に目標は今年のワールドカップを始め、ロス五輪の目標は三位以内に入ることだと眞鍋は言う。ワールドカップで三位以内に入ると五輪の出場権を得られるとのことだが、より精度の高いバレーが要求されるのは間違いない。バレーボールに限らず、スポーツは常に進化しなければならないようだ。
[PR]
by takaitoko | 2011-05-16 23:49 | 女子バレーボール